AGA治療には、プロペシア処方【浜松町第一クリニック横浜院】

注目のプロペシアを予約不要で院内処方~浜松町第一クリニック横浜院

お問い合わせ

フリーダイヤルから webから
0120-317822
携帯・自動車電話・PHSからもご利用いただけます。
薄毛でお悩みの方(プロペシア)

プロペシアが発売開始されたのは2005年12月です。当クリニックでは、発売開始当初から処方を始め、これまで3万人以上の方に処方した実績がございます。

プロペシアを服用された方の中で、お体の健康を害したという事例はございませんのでご安心ください。

万有製薬(現:MSD)が提供する病院検索が可能なAGA-newsにも、当クリニックをご紹介いただいております。
詳しくはこちら → AGA-news 病院詳細情報

プロペシアとは

【世界中で処方されている男性型脱毛症用薬】

プロペシアは、医師が処方する男性型脱毛症用薬です。アメリカの企業であるメルク社が開発したお薬で、医師が処方する男性型脱毛症用薬は世界初であります。

日本国内では、万有製薬がプロペシアの臨床試験を開始したのが2001年。その後、2003年に厚生労働省への承認を申請し、各クリニックでの処方が開始されましたのは2005年12月からとなります。

プロペシアはフィナステリドという有効成分を含む内服薬です。ノコギリヤシと呼ばれる植物の、薬用成分を抽出して作られており、服用することで、抜け毛の進行を抑えて男性型脱毛症の改善に導く効果が期待できます。

【男性型脱毛症(AGA)とは?】

男性型脱毛症は、成人している男性にみられる、頭髪が薄くなっていく症状のことです。(別名称ではAGA「エージーエー」と呼ばれています。)頭頂部や髪の毛の生え際から症状があらわれるれることが多く、頭皮が次第に薄くなっていきます。早い方では、思春期以降にこの症状があらわれるケースもございます。

【男性型脱毛症(AGA)の前兆について】

男性型脱毛症の初期症状では、細い毛髪の抜け毛が目立つようになります。この現象は、毛髪を生成する器官である「毛包(もうほう)」が十分に成長できなくなることから発生します。そうなると、生えてきた毛髪がきちんと成長する前に抜け落ちてしまい、段々と頭髪が薄くなっていきます。

日本国内で男性型脱毛症にお悩みの患者様は、薬1260万人以上いると報告されております。さらに、潜在的な初期症状をお持ちの方を含めると、さらに大勢の患者様がいると思われます。

【男性型脱毛症の原因とは?】

プロペシア

毛髪1本にはぞれぞれ寿命があり、成長、退行、休止を繰り返しながら生え変わります。このヘアサイクルを阻害する物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)の過剰生成が、男性型脱毛症を発症させる原因だと考えられております。

ヘアサイクルが極端に短くなることで、髪の毛が成長しきれないまま抜け落ちてしまう・・・。

このような症状は、早いケースなら思春期以降にあらわれる方もいます。

【プロペシアの効果について】

日本国内で行われたプロペシアの臨床試験結果報告は以下の通りです。

  • 1年間投与継続で58%、2年間投与継続で68%、3年間投与継続で78%の方に、症状の改善が認められました。
  • 1年間投与継続で40%、2年間投与継続で31%、3年間投与継続で20%の方に、現状維持効果が確認されました。

改善と現状維持の結果を合算すると、98%以上の方が男性型脱毛症の進行を食い止めることができた、という結果が出ております。

※この臨床試験データは、20歳以上~50歳以下の、脱毛症以外に心身ともに健康体の方を対象として実施されました。50代、60代の方がお薬を服用するケースでは、期待する効果があまりあらわれない場合がありますのでご了承ください。

バイアグラの効果

【プロペシアの服用方法】

継続して1日1回6ヶ月間の服用を行い、お薬の効果の有無を確認します。6ヶ月経過後、症状の改善や現状維持が確認された場合においても、継続して服用をおこないます。

【プロペシア服用時の注意点について】

  • プロペシアは男性脱毛症に効果のあるお薬です。円形脱毛症や抗がん剤による脱毛症に対しては、効果が認められていません。
  • 成人男性の方に限定して処方しております。未成年の方に対しては安全性および有効性が確立されておりません。
  • プロペシアは男性専用の医薬品です。女性の方には処方しておりません。
  • 妊婦の方や妊娠中の方には処方できません。(妊娠中の方がプロペシアを服用すると、男性胎児の生殖器官に発達異常などの悪影響を及ぼす恐れがございます。)
  • お薬の効果が発揮されるのが確認できるまで、通常6ヶ月以上の継続した服用が必要です。(※お薬の効果発揮には個人差があります。人によっては3ヶ月で効果があらわれる場合もございます。)
  • 6ヶ月服用後、効果が確認された場合につきましても、そのまま服用の継続をお勧めします。服用を中断してしまうと、男性脱毛症が進行してしまう恐れがあります。
  • ごくまれな副作用で、性欲減退やインポテンツなどの症状があらわれることがあります。(※国内で行われた臨床試験の結果では、これらの副作用は1%未満だということが確認されております。)
  • プロペシアを服用している時は、献血は一切おこなわないでください。(※献血した際の血液が妊婦の方や授乳中の方の体内に入るのを防止するためです。なお、献血ができるようになるまでには、1ヶ月間お薬の服用をストップする必要があります。)
  • 前立腺がんの検診を受けるは、検診先の医師にプロペシアを服用していることを必ずお伝えしてください。

※プロペシアの効果には個人差がございます。

症状のケースや患者様の体質によっては、現状維持効果にとどまる可能性もあることをご了承ください。また、服用後ただちに効果があらわれるわけではございません。

※効果の有無の確認には継続した服用が必要です。

毎日1回を継続し、最低6ヶ月間服用を続けなければならないことをご了承ください。

※プロペシアを服用して、改善効果や現状維持効果があらわれた場合においても、お薬の服用をやめてしまうと、男性脱毛症が再発してしまう恐れがありますことをご了承ください。

頭皮に直接付けるタイプのお薬

当クリニックでは、頭皮に付けるタイプの育毛作用のあるお薬も処方しております。

価格は以下をご参考下さい。

・「アロビックス30ml」(佐藤製薬)
1本1,500円(税込み)
5本6,000円(税込み)

【アロビックスとは?】

アロビックスは外皮用薬「フロジン液30ml(有効成分:塩化カルプロニウムを5%配合)」のジェネリック医薬品になります。当薬品の有効成分である塩化カルプロニウムは、血管拡張作用のある育毛剤によく使われている成分です。頭皮の血管を広げて血液の循環をよくすることで、毛乳頭に栄養を行き渡らせ、ヘアサイクルを活性化させる効果がございます。

発売されている他の育毛剤な有名ものには、カロヤンアポジカやカロヤンガッシュ(第一三共ヘルスケア提供)

【ジェネリック医薬品とは?】

ジェネリック医薬品とは、先発医薬品の製法を使用して作られる後発医薬品のことをいいます。

新薬の開発にはメーカーが特許をとるのですがこの特許の期限が切れた後、お薬の製法が共有のものとなり、同じ効果を持つ医薬品の開発に他のメーカーが参入してきます。
ジェネリック医薬品の開発にかかる費用は、新薬と比べてはるかに安いので、市場に流通する価格も40~80%ほど。日本の医療費負担軽減が問題となっている今、このジェネリック医薬品の価値が非常に高まってきています。なお、アロビックスの場合、「フロジン液30ml」が先発医薬品で、「アロビックス30ml」がジェネリック医薬品(後発医薬品)です。

【新薬の特許について】

メーカーが開発した新薬の有効成分や製法には特許がございます。この特許の期限内は、権利が法により守られており、ジェネリック医薬品の製造はできないこととなっております。

(※特許期限内に後発医薬品を開発・販売した場合、知的財産権の侵害となり処罰の対象となります。)

関連リンク
ファイザー製薬提供 ED治療薬情報サイト

ファイザー製薬提供 ED治療薬情報サイト

バイエル薬品提供 ED治療薬情報サイト

バイエル薬品提供 ED治療薬情報サイト

日本新薬株式会社提供 ED治療薬情報サイト

日本新薬株式会社提供 ED治療薬情報サイト

万有製薬(現:MSD)提供 プロペシア情報サイト

万有製薬(現:MSD)提供 プロペシア情報サイト

お問い合わせ

フリーダイヤルから webから
0120-317822
携帯・自動車電話・PHSからもご利用いただけます。

Copyright © 2005 - 2018 HamamatsuchouDaiichi Clinic All Rights Reserved.