バイアグラ処方のご注意、浜松町第一クリニック横浜院

ここではバイアグラを処方できない可能性のあるケースについて記載してます。【浜松町第一クリニック横浜院】

お問い合わせ

フリーダイヤルから webから
0120-317822
携帯・自動車電話・PHSからもご利用いただけます。
バイアグラを処方できない方

処方できない方の注意点

以下に該当される方には、バイアグラを処方できない場合がございますのであらかじめご了承ください。

【併用禁忌薬を使用されているケース】

  • 硝酸剤や抗不整脈薬(塩酸アミオダロン)を服用している方には処方ができません。
    また、現在服用されているお薬がございましたら、必ず医師にお伝え下さい。なお、ニトログリセリン、 亜硝酸アミル、イソソルビドなどのお薬が、バイアグラの併用禁忌薬に該当いたします。(硝酸剤には、 飲み薬・舌下錠・貼り薬・注射・吸入剤など、様々な種類のものがございます。 少しでもお心当たりがございます場合は、必ず医師にご相談ください。)

※併用禁忌薬とバイアグラの併用は、命にかかわる危険性がございますので、 該当している方はバイアグラを服用しないでください。硝酸剤を服用されている方が、万が一バイアグラ のようなED治療薬を併用すると、急激な血圧の低下を招く恐れがあります。また、 ご自身が服用されているお薬の種類が分からない場合は、そのお薬の名称をお記しの上、 当クリニックにご相談ください。

【持病により処方できないケース】

  • 狭心症、心不全、重度の血管障害の持病をお持ちの方。もしくは、過去のそれらの心臓血管系の病歴がある方。
  • 脳梗塞や脳出血などの脳血管系の病歴をお持ちの方(過去6ヶ月以内)。
  • 重度の肝機能障害を患っている方。
  • 低血圧症の方。や、治療による管理がなされていない高血圧症の方。
    (※ここでいう低血圧の定義は、最大血圧が90mmHg未満、もしくは最小血圧50mmHg未満をあらわします。)
  • 角膜色質変性症(進行性の夜盲症)を患っている方。

【その他のケース】

  • 過去にバイアグラを服用して、体質的に合わなかった方(過敏症など)。その旨を医師にご相談ください。

※性行為は、ご自身の心臓に予想以上の負担がかかります。お体のことやお薬のことなど、 不安要素がございましたら、担当医までお気軽にご相談ください。

関連リンク
ファイザー製薬提供 ED治療薬情報サイト

ファイザー製薬提供 ED治療薬情報サイト

バイエル薬品提供 ED治療薬情報サイト

バイエル薬品提供 ED治療薬情報サイト

日本新薬株式会社提供 ED治療薬情報サイト

日本新薬株式会社提供 ED治療薬情報サイト

万有製薬(現:MSD)提供 プロペシア情報サイト

万有製薬(現:MSD)提供 プロペシア情報サイト

お問い合わせ

フリーダイヤルから webから
0120-317822
携帯・自動車電話・PHSからもご利用いただけます。

Copyright © 2005 - 2019 HamamatsuchouDaiichi Clinic All Rights Reserved.