ED治療薬・レビトラ処方のご注意、浜松町第一クリニック横浜院

ここではレビトラを処方できないケースについて紹介しています。~浜松町第一クリニック横浜院

お問い合わせ

フリーダイヤルから webから
0120-317822
携帯・自動車電話・PHSからもご利用いただけます。
レビトラを処方できない方

処方できない方の注意点

【お薬による処方不可のケース】

  • 硝酸剤や抗不整脈薬など、レビトラの併用禁忌薬を服用されている方
    (※お薬の種類につきまして不明な点がございましたら、クリニックにご相談ください。)
  • 過去ED治療薬を服用した際にアレルギー反応がみられた方

【持病による処方不可のケース】

  • 心臓や脳に疾患をお持ちの方、もしくは過去6ヶ月以内に病歴のある方。(脳梗塞や心筋梗塞などがそれに該当します。)
  • 不安定狭心症を患っている方
  • 先天的な不整脈を患っている方。および、抗不整脈薬を服用している方
  • 重度の肝機能障害を患っている方
  • 低血圧症もしくは高血圧症の方(ここでいう低血圧の定義は最大血圧90mmHg以下、高血圧の定義は最大血圧が170mmHg以上または最小血圧が100mmHg以上)
  • 血液の人工透析を要する方
  • 心血管系に疾患をお持ちの方で、医師から性行為を止められている方。
  • 網膜色素変性症の方。(進行性の夜盲症)

【その他のケース】

  • 女性の方やお子様

●併用禁忌薬についての補足

  • 硝酸剤を服用されている方は、絶対にレビトラを併用しないでください。もし服用してしまった場合、急激な血圧低下などの副作用を招く恐れがあります。また、抗不整脈薬につきましても、レビトラと併用すると心臓の働きに異常が生じるなどの、重大な副作用を招く恐れがあります。
  • 硝酸剤や抗不整脈薬の他にも、併用するとお体に影響を及ぼすものがございます。抗ウイルス薬(HIV治療薬)や抗真菌剤などがそれにあたり、レビトラと併用すると、血中濃度が急激に上昇してしまう恐れがあります。(レビトラが体内で分解されるのが遅れてしまうため。)
  • これらに該当しない場合でも、何か服用しているお薬がございましたら、念のためお薬の名称を確認して、当クリニックでご相談ください。
関連リンク
ファイザー製薬提供 ED治療薬情報サイト

ファイザー製薬提供 ED治療薬情報サイト

バイエル薬品提供 ED治療薬情報サイト

バイエル薬品提供 ED治療薬情報サイト

日本新薬株式会社提供 ED治療薬情報サイト

日本新薬株式会社提供 ED治療薬情報サイト

万有製薬(現:MSD)提供 プロペシア情報サイト

万有製薬(現:MSD)提供 プロペシア情報サイト

お問い合わせ

フリーダイヤルから webから
0120-317822
携帯・自動車電話・PHSからもご利用いただけます。

Copyright © 2005 - 2019 HamamatsuchouDaiichi Clinic All Rights Reserved.