ネットでの偽造ED治療薬のリスク【浜松町第一クリニック横浜院】

個人輸入の偽造ED治療薬の危険性~浜松町第一クリニック横浜院

お問い合わせ

フリーダイヤルから webから
0120-317822
携帯・自動車電話・PHSからもご利用いただけます。
偽造ED治療薬四社合同調査 2011

偽造ED治療薬に関する詳細情報

◎55.4パーセントの偽造ED治療薬が出回っているインターネット通販の危険性
インターネット購入(個人輸入)における偽造ED治療薬の割合

依頼した調査会社四社の合同による、インターネット上の偽造および劣悪なコピーED治療薬の数を調査したところ、55.4%の模造品が発見されました。科学分析では、それらは全く有効成分を含んでおらず、非常に安全性に問題があるとの報告がございます。

絶対ダメ!コピー商品

■国内への持ち込みは禁止!

絶対ダメ!コピー商品

日本国内への偽ED治療薬の持込みは、知的財産権の侵害となり、法律により罰せられる恐れがあります。
仮に持ち込んでしまった場合、ご本人様が法律による処罰の対象となる恐れがありますのでご注意ください。


ED治療薬の模造品は危険

■ED治療薬をネットで購入するのは危険性!

個人輸入でED治療薬を購入する危険性

ネット上で販売されているED治療薬の中には、有効成分を含まない模造品がまぎれている恐れがあります。効果がないばかりか、模造品に含まれている恐れのある不純物が副作用を招く恐れがあり大変危険です。
※実際に死亡にいたったケースも報告されております。ED治療薬は、信頼できる正式な医療機関で処方してもらいましょう。

インターネット購入(個人輸入)における偽造ED治療薬の割合

■本物か偽造品かは見た目では判断不可能!

ネット上で流通しているED治療薬の模造品の中には、本物と見比べても見分けが付かないものが多いのが現実です。サイト上の巧みなキャッチコピーに注意してください。お薬は信頼のおける正式な医療機関で購入しましょう。


バイアグラ
正規品
バイアグラ正規品
偽造品
バイアグラ偽造品
正規品
レビトラ正規品
偽造品
レビトラ偽造品
正規品
シアリス正規品
偽造品
シアリス偽造品

■ネットで偽のED治療薬を購入された方の9割以上が本物かどうかを考えて購入していない!

ネット上でご自身が購入したED治療薬を本物だと思い込んでいる方は、9割以上だとされています。
本物と見分けが付かない精巧に似せられたつくりと、巧みなキャッチコピーにより信用させられているという現状があります!

9割以上のほとんど人が本物かどうかをあまり気にしていない!画像

■ネットで購入する方々に注意喚起!流通経路が不透明なED治療薬の危険性!

危険認識の甘さが命取り!たくさんの危険性が入手ルートの裏に潜んでいます。

製造・販売業者は悪い組織なんじゃないだろうか?

うかつに個人情報を入力すると、流出するかもしれない?

一体どんな環境で製造されているのか?

効かないどころか、ひょっとして害があるのかもしれない?

回答者 : ED治療薬をネットで購入している276人(偽造ED治療薬四社合同調査2011)


◎驚くほどリスクの高いネットでの購入

リスク1 偽造医薬品の多くは、このような不衛生で劣悪と呼べる最悪の環境で製造されている恐れがあります!

このような劣悪な環境で製造された医薬品には、不純物が多く混入している恐れがあります!このようなニセモノを服用すれば、ご自身の命を危険に晒してしまう恐れがあります!

このような現場で製造されたものには、 不純物が多く、 服用すると命の危険性を伴います! これでも安心して飲めますか?

◎驚くほどリスクの高いネットでの購入

リスク1 恐怖!偽ED治療薬が招く副作用!中には死亡したケースも!

ED治療薬の模造品には、まったく有効成分が含まれていないものや、不純物が含まれているものが多くあります。

模造品を服用し、死亡にいたったケースも報告されており、ご自身の命を危険に晒すおそれがあります。

【偽ED治療薬を服用したケースの健康被害事例および死亡例】

日本国内での健康被害および死亡例

  • 奈良県で男性が偽のED治療薬を服用した際、意識障害を引き起こし病院に搬送された。
  • 呼吸困難で運ばれて搬送先で死亡した男性のケースでは、その男性の衣服から劣悪な偽ED治療薬が発見された。なお症状との因果関係は明らかにされていない。

海外での健康被害および死亡例(シンガポール)

  • 偽のED治療薬と精力剤の一種とみられる漢方薬を併せて服用した患者が、低血糖によるこん睡状態に陥り病院に搬送された。

これまで確認された偽ED治療薬での健康被害は40人以上とされており、疑いのある患者は90人を超える数にのぼる。そのうちの数件、死亡にいたった事例もございます。

健康被害事例

以上のように、偽ED治療薬による危険な健康被害・死亡事例が日本国内や海外ともに多数報告されております。

リスク3 偽ED治療薬のネット通販時に個人情報が流出!スキミングなどの被害報告もあり!

個人情報の流通にご注意ください!
悪質なサイトで購入する際に、記入するご自宅の住所や連絡先などの個人情報が流されている恐れが!実際に購入後、迷惑メールが多数送られてくるようになったという報告がございます。

リスク4 販売利益がテロの運営資金になっている恐れも!

まともな会社組織が、偽のED治療薬を販売するようなことはありません。
ニセモノを取り扱っている会社の中には実体がないところも多く、その販売利益がテロ組織の運営資金になっている恐れがあります。こういったところから購入した場合、お金を支払っても商品が届かないケースも報告されています。もしくは、有効成分が含まれていない劣悪なものが送られてくる事も多くございます。

合同調査四社それぞれのプレスリリースは下記バナーにてご確認ください。

ファイザー製薬
バイエル薬品
日本新薬
日本イーライリリー

関連リンク
ファイザー製薬提供 ED治療薬情報サイト

ファイザー製薬提供 ED治療薬情報サイト

バイエル薬品提供 ED治療薬情報サイト

バイエル薬品提供 ED治療薬情報サイト

日本新薬株式会社提供 ED治療薬情報サイト

日本新薬株式会社提供 ED治療薬情報サイト

万有製薬(現:MSD)提供 プロペシア情報サイト

万有製薬(現:MSD)提供 プロペシア情報サイト

お問い合わせ

フリーダイヤルから webから
0120-317822
携帯・自動車電話・PHSからもご利用いただけます。

Copyright © 2005 - 2018 HamamatsuchouDaiichi Clinic All Rights Reserved.