処方のご注意、浜松町第一クリニック横浜院

ここではシアリスを処方できないケースについて紹介しています。~浜松町第一クリニック横浜院

お問い合わせ

フリーダイヤルから webから
0120-317822
携帯・自動車電話・PHSからもご利用いただけます。
シアリスを処方できない方

処方できない方の注意点

【お薬による処方不可のケース】

  • シアリスの併用禁忌薬を服用されている方(ニトログリセリンなどの硝酸剤がそれに該当します。)
  • 抗不整脈薬を服用されている方
  • シアリスを過去に服用した際に、アレルギー反応を引き起こしたことのある方
  • 体質的にシアリスが合わない方

【持病による処方不可のケース】

  • 心臓や脳に持病をお持ちの方(脳梗塞や心筋梗塞など)。もしくは過去3ヶ月の間に心筋梗塞、過去6ヶ月以内に脳梗塞や脳出血を起こした事のある方
  • 心血管系に障害をお持ちの方で、医師に性行為を止められている方
  • 不安定狭心症を患っている方。また、過去にも性行為中に狭心症の発作を起こした経験のある方
  • 不整脈をお持ちの方で、医療機関での治療や管理をされていない方
  • 低血圧症の方(最大血圧が90mmHg未満、もしくは最小血圧50mmHg未満の方)
  • 医療機関等による治療や管理のなされていない高血圧症の方(最大血圧170mmHg以上、もしくは最小血圧100mmHg以上)
  • 網膜色素変性症を患っている方(進行性の夜盲症、視野狭窄)
  • 重度の肝機能障害を患っている方

※シアリスを服用する際には、医師の診断が必要となります。

ご自身の判断での服用は絶対におやめ下さい。(個人輸入でシアリスを入手する方もいらっしゃいますが、ニセモノも多く横行していますので大変危険です。)
なお、シアリスを診断を受けていない方へお譲りする行為は、その方の健康を害する恐れがございますのでおやめください。正規の医療機関で診察を受けられた方のみ、ご服用をお願いしたします。

※硝酸剤を服用している方は、シアリスを服用することができません。

仮に服用された場合、急激な血圧低下などの命にかかわる副作用を招く恐れがございます。

服用しているお薬が併用禁忌に該当するかどうか、お薬の名称を確認していただき、クリニックの担当医までご相談をお願いいたします。

関連リンク
ファイザー製薬提供 ED治療薬情報サイト

ファイザー製薬提供 ED治療薬情報サイト

バイエル薬品提供 ED治療薬情報サイト

バイエル薬品提供 ED治療薬情報サイト

日本新薬株式会社提供 ED治療薬情報サイト

日本新薬株式会社提供 ED治療薬情報サイト

万有製薬(現:MSD)提供 プロペシア情報サイト

万有製薬(現:MSD)提供 プロペシア情報サイト

お問い合わせ

フリーダイヤルから webから
0120-317822
携帯・自動車電話・PHSからもご利用いただけます。

Copyright © 2005 - 2019 HamamatsuchouDaiichi Clinic All Rights Reserved.